戻る


ブラインシュリンプの殻取り方法


この方法はブライシュリンプエッグの殻を界面活性剤で溶解(漂白)し、漂白後ブラインシュリンプを通常と同じように孵化させ、約24時間後は殆どの卵が孵化しています。そのため今までのように殻と幼生を分離させる必要がありません。このとき孵化していない卵も稚魚に与えることができます。栄養価的には孵化していないもの方が高いようです。
この方法でのメリットとして従来どうしても殻が水槽に溜り水質悪化の原因でもあり、ましては孵化率の悪い卵では水槽に混入する量も増えますし、分離する時間もかかり悩みは尽きませんでした。この方法で近年高価なブラインシュリンプを無駄なく使い切ることができ、まさに画期的な方法ですので、是非試して見てください。
この方法は木島さん、岩川さんのご意見を参考にさせていただきました。



準備する物は300cc計量ビーカー、ブライシュリンプ濾器と棒状温度計と漂白剤(キッチンハイター、ブリーチ)を用意してください。漂白剤はいろんな種類が市販されていますが、キッチンハイターが一番良いみたいです。ブリーチの中には漂白できないものもありました。(備品は当店で販売しています)



@ 計量ビーカーに1回分のブラインシュリンプを入れます。



A 計量ビーカーに水150cc〜200ccを入れ攪拌し卵を水になじませます。



B 水になじませてから10分から1時間経過後ブラインシュリンプを濾器で水を切り、水道水で軽く洗浄します。

 

C 洗浄したブラインシュリンプを計量ビーカーに戻し水120ccを入れます。次に漂白剤80ccを継ぎ足し全量で200ccして棒状温度計で攪拌します。この時の水温が25℃以上になる場合は氷を1個入れて冷やしてください。30℃以上になると孵化率に影響する恐れがあります。
注意 ガス発生しますので充分な喚起を行って下さい。



約15分経過後、ブラインシュリンプの殻は漂白され、卵はオレンジ色に変化しています。攪拌を止めてしばらくすると、従来の孵化のように卵は全て底に沈み水はウーロン茶色になります。
注意 漂白時間が20分を超えると孵化しなくなります。



D漂白済みのブラインシュリンプを濾器で濾し、水道水で十分に洗浄し、漂白剤を完全に落とし泡がなくなるまで洗います。洗浄が不充分ですと孵化してもブラインシュリンプは死滅してしまいます。

 

E 泡も無くなりこれで完了です。これを孵化器に入れ通常通り孵化させます。漂白したブラインシュリンプを孵化させずこのまま養魚に与えてもかまいません。むしろ孵化した物より栄養価は高いです。

 

F 孵化器ブラインシュリンプは12時間位から孵化し始めます。ですから孵化時間を30時間を超えると徐々に死滅するものが増えますので孵化時間は24時間位までにし、エアーも従来より強めの方が良いと思います。エアーレイションが弱いと、底に沈んだまま死滅する事があります。
塩分濃度が低いと最初に孵化したブラインシュリンプが死滅するので、容器の水は濁ります。塩分濃度は多少高めが良いと思います。



G 全く殻が無いので今までのように分離する必要がありません。漂白するまでに時間はかかりますが、ブラインシュリンプが一粒とて無駄になりません。時間に余裕が無いときはA〜Bの工程を省いてもできます。ただ孵化率に影響が出る可能性はありますが、殆ど問題ありません。





本コーナーへのご意見、ご質問、ご要望は、メールでお願いいたします。お電話での連絡はご遠慮ください。
ご注意:本コーナーでご紹介する内容は、すべての環境下での安全性(人体の影響、水漏れ、火災などの事故、魚や水草など生体への影響)について保証するものではありません。個人の責任のもとで実施されるよう、お願いいたします。